日本語教師になるのには法的な資格は必要ありません。極端に言えば知り合いに言葉を教えてあげるのに資格がいらないのと同じです。しかし民間の日本語学校で教えるとなると話は違ってきます。これらの場合には日本語教師養成講座420時間コースの修了者、日本語教育検定の合格者、大学日本語教育課程の主・副専攻修了者のどれかを取得していることを求められる場合がほとんどです。言葉の響きから日本語を教えればいいと勘違いされることが多いですが、日本の文化などを教えるのも大きな仕事の一つです。そのためには自分自身も常にいろいろな方面にアンテナを張り、新しい知識を吸収する姿勢が必要です。日本にやってくる外国人のサポートだけでなく自らが外国に飛び込んで日本語を教えたり、ボランティアで社会に貢献したりするなど、やる気次第で活躍の場が広がるのが日本語教師の醍醐味です。

日本語教師の仕事について。

日本語教師という仕事があります。基本的に、日本語を教えることになりますが、そのための技術が求められます。また、日本の生活習慣や、歴史、文化なども教える役割があります。近年では、海外から人材がくることも多く、日本語を教える仕事が注目を集めるようになりました。日本語だけなら誰でも教えられると考えがちですが、ビジネスで使う言葉や敬語、すべてを教える必要があります。基本的に、目指す人も増えていて、年齢制限がないという魅力があります。この仕事であれば、いつ始めても遅いということもありません。定年退職した後、なにかしてみたいと考える人も少なくありません。また、子育てが終わり、なにか頑張りたいという人にもよい仕事だといえます。この仕事は、国内外で求められる仕事ですし、求人も多い傾向にあります。このことからもメリットが沢山あります。

日本語教師になるための要件

日本語教師とは、文字の意味通り、我々が住んでいる国の言語を話さない国の者に対してそういう言語を教える教師を指しています。我々が住んでいる国の者であれば誰にでもなれるのかといえば、そうではないです。言語を教えるには話すだけではなく、言語に関する専門的な事柄などを理解しておく必要があります。現在では、日本語教師になるための特殊な資格のたぐいはないとされています。しかし、代わりに以下に掲げる要件を満たしておくというのが重要になってきます。我々が住んでいる国の言語の科目をメインの専攻またはサブの専攻で履修している事、そういう言語に関する検定に受かっている事などが要件として挙がっています。また教師になるための講座を一定の時間以上受けておくというのも要件になっています。専門的な事柄を知っているだけではなく、違う文化を拒絶せずに受容するのが可能かどうかなども日本語教師にとって欠かせない能力です。